エンジニアがこっそり勝手に何か作っちゃう「スカンクワークス」に大義名分を与えるための「ラボ」ブームだと思った

技術と事業を結びつける鍵--「ラボ」の存在意義を検証する - CNET Japanから。
革新的な商品やサービスが、実は会社に隠れてこっそり「スカンクワークス」で作っちゃったものだった。という事例は結構あるらしい。
要するに、本気で好きでのめり込まないと突出したモノは出にくいってことなのか? それと既存の概念を打ち破るときに正式プロジェクトだと足枷がありがちだったりするのだろうか。